>

最新の治療について調べよう

具体的な治療方法とは

ドックスベストセメントという道具を使うと、削らない歯の治療ができます。
このドッグスベストセメントを虫歯になっている部分に流すことで、虫歯菌を殺菌できます。
さらに溶けた歯の再石灰化を促し、削らなくても治療できるという仕組みです。
さらに穴が開く前の虫歯だったら、歯面コーティング剤という道具を使用できます。
初期の虫歯に歯面コーティング剤を染み込ませると、エナメル質が溶けたり、崩れたりすることを防げます。

しかし歯面コーティング剤を使えるのは、穴が開いていない初期の虫歯の段階のみです。
この方法で治療したいなら、早く歯医者に行くことを心がけてください。
また治療する前に、自分はこの方法が良いと意思をハッキリ伝えましょう。

大人でも怖がる人が多い

歯の治療は、痛みを感じることが多いです。
ですから怖がる子供が多いですし、大人も苦手意識を持つ人が見られます。
それは恥ずかしいことではありませんが、歯医者に行くことに抵抗を感じて、治療を先延ばしにするのは良い方法ではありません。
早く治療しなければ最悪の場合に歯を失うので、安心して治療できる歯医者を探しておきましょう。

また治療のためでも歯を削ると、少し歯にダメージを与えてしまいます。
すると耐久性が低くなり、将来抜けたり、再び病気になったりするリスクが高くなると忘れないでください。
これからも健康的な歯を維持するために、削らない治療が大事です。
老後も歯が揃っていると嬉しいですし、好きなものを何でも食べられます。


この記事をシェアする